立ち仕事で起こりやすい症状(足のむくみや下肢静脈瘤など)とその予防方法 - グラマラスシリーズ公式サイト | YB-LAB.

立ち仕事は体力がついたり、仕事に集中しやすいといったメリットがあるものの、それによって起こりやすい症状があります。立ち仕事による体の不調は仕事のパフォーマンスにも影響するため、どうにか対処して予防することが大切です。

今回の記事では、立ち仕事で起こりやすい症状とその予防方法をテーマにお届けしていきますので、ぜひご覧ください!

立ち仕事のメリット


立ち仕事は体への負担が大きいものの、その分メリットもあり立ち仕事が好きだという方もいます。まずは、立ち仕事のメリットを見ていきましょう!

体力がつく

立ち仕事は座り仕事と比較して体力を使うため、運動不足や体力の衰えを予防できます。学術的な運動強度を示す「メッツ」では、座っている状態は1.5メッツ以下、立って会話をしている状態は1.8メッツ、通常のスピードで歩いている状態が3メッツであり、座り仕事と立ち仕事では、やはりエネルギー消費量が異なるのです。

そのため、立ち仕事を続けていれば運動不足が原因である肥満や体調不良を予防できると考えて良いでしょう!

仕事に集中しやすい

人間の体は座っている時よりも立っている時の方が脳は活性化され、集中しやすい状態になります。交感神経が優位になれば、眠気を感じにくく緊張感を持って仕事が進められるでしょう!

立ち仕事のデメリット


立ち仕事には、メリットのみでなく次のようなデメリットも存在します。続いて、立ち仕事のデメリットについて見ていきましょう!

体に負担がかかる

立ち仕事は座り仕事よりも体力を使う分、体に負担がかかります。特にヒールを履いての立ち仕事や悪い姿勢での立ち仕事は、大きな負担になってしまいます。ですので、現在立ち仕事をされている方は、体の一部に負担が集中するような姿勢は避け、お仕事してくださいね!

疲労が大きい

立ち仕事は運動不足を防げるというメリットとは裏腹に、疲労が大きいため毎日の立ち仕事によりなかなか疲れが取れないという人もいます。また、特に体力に自信がない方は、立ち仕事に慣れるまでに時間がかかってしまうでしょう。

立ち仕事で起こりやすい症状


立ち仕事のせいで起こりやすい体の不調は以下のようなものです。普段から感じている不調があれば、立ち仕事が原因である可能性を疑いましょう。

腰痛

腰痛は立ち仕事の中でも前傾姿勢(前かがみ)が多い方に起こりやすく、飲食店での調理や食器洗い、工場での作業などが、代表的な前傾姿勢の仕事に該当します。

背中が丸まった状態で仕事をすることが腰痛の直接の原因になるわけですが、腰痛を放置してしまうと、ぎっくり腰や腰椎間板ヘルニアになるリスクが高くなる点に、注意しましょう。

肩こり

立ち仕事と肩は関係がないように思いますが、長時間同じ姿勢が続けば限られた筋肉にストレスがかかり、血流も滞って肩こりが起こります。

また、5キロ程ある頭を肩は常に支えているため、何もしなくても常時負担はかかっています。そこに、仕事による前かがみの姿勢や不自然な姿勢が増えれば、余計に負担がかかってしまうのです。

足のむくみ

足がむくめば、靴がキツくなったり足の見た目が太くなったりするため、立ち仕事をされている方の中には、足のむくみが大きな悩みになっている方も少なくありません!

立ち仕事で同じ姿勢を続けていると重力により血液やリンパ液が下半身に溜まってしまい、それが足のむくみの原因となるわけですが、足の症状はむくみだけでなく、併せてだるさを感じる方もいらっしゃいます。

そもそもむくみとは?


むくみは、皮下に余分な水分が溜まっている状態であり、医学用語では浮腫(ふしゅ)といいます。むくみの症状としては腫れぼったくなることが一般的であり、症状があらわれやすい部位はまぶた、腕、足が挙げられます。

立ち仕事とむくみの関係性としては、前項で重力により血液やリンパ液が下半身に溜まってしまうということをお伝えしましたが、これは特にふくらはぎをあまり動かさない立ち仕事で起こります。本来であればふくらはぎの筋肉がポンプのような働きで、下半身から上半身に血液やリンパ液を送り出す役割を持っているのですが、動かさないことで血液とリンパ液の流れが滞ってしまうのです。

疲れにくい立ち方について

立ち仕事で疲れが溜まりやすく、長時間立っていても痛みが出ない方法を知りたい…という方はいませんか?立ち方を工夫すれば、立ち仕事の時間が長くても疲れを軽減できます。次に、簡単にできる疲れにくい立ち方を紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね!

1.両足の足先を平行に保つ
2.母指球(足の親指の付け根にある丸い膨らみ)に力を入れる
3.顎を引いて胸を少し張る

上記を意識すれば、重心が整って頭のてっぺんから足の裏まで綺麗な立ち方になります。実際に少し続けてみれば、普段の立ち方よりも疲れにくいという事実が実感できますので、ぜひ試してください!

立ち仕事における腰痛予防・対策方法


日常的にストレッチや筋トレを実施して、立ち仕事に必要な筋肉をつけたり、立ち仕事で硬くなった筋肉をほぐしてあげることが、腰痛予防につながります。また、自分の足に合わない靴も骨盤や体のバランスを崩すことになりますので、ヒールの高い靴は避けるなどして、靴の選択は慎重に行いましょう!

そのほか、自分に合わない硬さの寝具は腰痛悪化の原因になりますので、靴だけでなく布団も見直しましょう。腰痛持ちの方には、寝返りがうちやすい適度に硬さのある布団が良いとされています。柔らかすぎる布団だと、お尻が沈みこんで「くの字」のように曲がってしまい、腰痛につながる場合があります。

立ち仕事における肩こり予防・対策方法

猫背になると、頭の位置が体よりも前に出て肩への負担が大きくなるため、立ち仕事による肩こりを防ぐためには、正しい姿勢で立つことが大切です!また、マッサージする際には僧帽筋や肩甲骨まわりの筋肉をほぐしてあげるのが有効です。そのほか、運動やスポーツで肩まわりの筋肉をつけて、肩関節をよく動かすように心がけましょう!

立ち仕事における足のむくみ予防・対策方法

立ち仕事のむくみには、カーフレイズというエクササイズがおすすめです!カーフレイズのやり方は、その場でかかとを上げ下げするだけですので、仕事の合間にもできるでしょう。

もし階段が近くにあるのであれば、つま先を階段に乗せてかかとを空中に浮かせ、その状態で上げ下げしてみてください。そうすると、よりふくらはぎの筋肉を動かすことができます。さらに、ふくらはぎの筋肉を本格的に鍛えたいという方は、トレーニング施設にあるレッグプレスマシンでカーフレイズをおこなうと良いでしょう!

立ち仕事の人に多い下肢静脈瘤とは?


下肢静脈瘤とは立ち仕事の方に多い疾患であり、足の血管がコブのように膨らんだ状態を指しています。命に関わる病気ではないものの、下肢静脈瘤がある方は慢性的に足がむくむ・だるくなるなどの問題が起こります。

下肢静脈瘤の症状

下肢静脈瘤になると血管がボコボコと浮き出て、下記のような症状があらわれます。
・足のだるさ
・足のむくみ
・足が重いと感じる
・足がつる
・足がほてる
・足がムズムズする
・足の色素沈着
下肢静脈瘤の症状の大半はふくらはぎに起こり、午後から夕方に向けて症状が強くなるという特徴があります。

下肢静脈瘤の原因

下肢静脈瘤の原因としては、下記のようなものが挙げられます。
・立ち仕事
・エコノミークラス症候群
・妊娠出産
・肥満 など
また、下肢静脈瘤は特に女性がなりやすく、遺伝性もあります。

下肢静脈瘤や足のむくみには医療用の着圧ソックス(弾性ストッキング)


下肢静脈瘤や足のむくみを改善させるためには、医療用の着圧ソックス(弾性ストッキング)が効果的です。医療用の着圧ソックス(弾性ストッキング)は、足に適度な圧を加えて血液やリンパの流れを促進するストッキングのことであり、お尻まで包み込むパンティストッキングタイプの他に、ハイソックスタイプやロングソックスタイプが存在します。

グラマラスパッツメディカルケアシリーズで足をケア

グラマラスパッツメディカルケアシリーズは、一般医療機器として認められた商品であり、リンパの巡りをサポートしながら血行を促して足のむくみを緩和・予防します。ハイウエスト構造であり、ウエストやお尻もスッキリ見せてくれる(着圧補整)ため、見た目も美しく女性らしいラインを作る※ことができます。

ケアしながら、着圧補整によってスタイルアップが可能なグラマラスパッツメディカルケアシリーズを、ぜひお試しください!
※着用時における着圧による補整効果。

まとめ:立ち仕事で起こりやすい症状(足のむくみや下肢静脈瘤など)とその予防方法

いかがでしたか?今回の内容としては、
・立ち仕事には体力がつくなどのメリットがあるものの、足の疲れやむくみなどのデメリットも存在する
・立ち仕事は、腰痛・肩こり・足のむくみといった症状が起こりやすい
・腰痛・肩こり・足のむくみには、適度なストレッチや正しい姿勢を意識することが大切である
・弾性ストッキングは下肢静脈瘤や足のむくみの症状緩和・予防効果が期待できる
以上の点が重要なポイントでした。立ち仕事は、腰痛・肩こり・足のむくみといった症状が起こりやすいため、それらの症状を予防するために、日頃から姿勢を意識したりストレッチに取り組んだりしましょう!

監修 YB-LAB.編集部
この記事は、YB-LAB.編集部が監修しています。YB-LAB.編集部は、スタイルアップを目指す方やむくみが気になっている方々に、美に関する情報をお届けしています。

YB-LAB.のオールインワン加圧インナー「グラマラスパッツシリーズ」は、高い補整力と履き心地を誇り、独自開発のアプローチ設計によりこの1枚でくびれ・お腹・骨盤・ヒップ・太もも・ふくらはぎをカバーし、美しいボディラインをサポートしながら理想の体型を叶えます。累計販売数は500万枚※を超え、今後も皆様のなりたい理想のスタイルづくりに貢献してまいります。

※2022年6月末時点
アーカイブ
現在使用しているテンプレートファイル:single-column.php